「初めて」「始める」初心者向けメディア
引用元:weheartit.com

初めての七五三の服装(着物)は?お参りはいつ?

子どもの初めての七五三を祝うにあたり、「そもそも七五三とは?」「お祝いの仕方や、お参りはいつ行くの?」「子供の服装は着物?両親の服装は?」など、多くの疑問が出てくると思います。初めての七五三のお祝いを行う前に知っておきたいことをまとめました。
引用元:weheartit.com

七五三とは子どもの健やかな成長と幸せを祝う行事です。
地域によって異なりますが、一般的には男の子は3歳と5歳に、女の子は3歳と7歳にお祝いします。
以前は数え年でお祝いをしていましたが、現在では満年齢でお祝いするのが一般的です。

子どもの初めての七五三を祝うにあたり、
「そもそも七五三の由来ってなんだろう?」
「お祝いの仕方ってどうすればいいのかな?」
「どのような服装で行けばいいの?」
など、いろいろと疑問が出てくると思います。ここでは七五三のお祝いを行う前に知っておきたいことをまとめていますのでぜひ参考にしてみてください。

七五三とは?

昔は今のように医療の発達や衛生面の配慮なども難しかったため、流行病などにより乳幼児の生存率が低かったため、7歳になるまでに無事に成長していることを祝ういろいろな儀式が行われていました。
その中で貴族などの間で行われていた三歳のお祝い「髪置の儀(かみおきのぎ)」、五歳のお祝い「袴着の儀(はかまぎのぎ)」、七歳のお祝い「帯解の儀(おびときのぎ)」が現在の七五三の起源になっていると言われています。

  • 三歳・髪置の儀…髪を伸ばし始める儀式
  • 五歳・袴着の儀…初めて袴をつける儀式
  • 七歳・帯解の儀…初めて帯を使って着物を着る儀式

いつの時代も子どもを想う親の気持ち、健やかな成長を願う気持ちは変わらないですね。

七五三のお祝いを行うのはいつ?

正式には11月15日ですが、現在では11月15日付近の土日に行うなど、都合の良い日にちにお祝いをするご家庭が多いです。例年を通して10月から11月の土日、祝日、吉日には七五三の晴れ着を着た子どもを見ることが多いですね。

また記念行事のお祝いとして写真スタジオで写真を撮るご家庭が多く、毎年11月前後の月は七五三の写真撮影で混み合うことから時期をずらして撮影することを進めるキャンペーンが多くありますので、写真撮影を希望し、特に撮影の時期にこだわりがないようであれば検討してみると良いでしょう。事前に調べてみると良いですね。

七五三の祝い方

一般的なお祝いの仕方や当日の流れとしては、子どもに晴れ着を着せ、神社で参拝をし、家族でレストランなどで食事をしたり、写真スタジオで記念写真を撮るご家庭が多いです。
神社は自宅近くでも、有名な神社でも、お宮参りに行った神社でもどこでも構いません。
神社での参拝は普通に参拝を行うだけでも良いですし、より丁寧に祝詞(のりと)をあげてもらっても良いでしょう。

祝詞を行う場合は事前に予約をし、当日は初穂料(しょほりょう)が必要になります。初穂料の相場は5000円〜1万ですが神社によっては金額が決まっているところもあるので必ず事前に確認しておきましょう。
また神社で祈祷を行うと、お守りや千歳飴をいただくこともあるでしょう。千歳飴は子どもの成長を祝い、長寿を願う、七五三には欠かせない飴です。時期になるとスーパーや菓子店でも売られるのでみんなで食べても良いでしょう。

子ども、両親の服装

七五三での子どもの服装は和装を選ぶご家庭が多いため、着物のイメージが強いですが、実際は和装でも洋装でも問題ありません。

和装・男の子

男の子は羽織袴スタイルが基本になります。
黒の紋付袴や男の子らしい勇壮な絵柄(鷹、兜など)の入った絵羽織りに袴というスタイルが多いです。扇子や剣を身につけ、草履(雪駄)をはきます。
3歳の男の子の場合、被布(ひふ)を着用するスタイルもあります。

和装・女の子

3歳の女の子は、着物の上に被布を着用し、髪飾りをつけたり、草履をはいて巾着を持つスタイルが一般的です。
7歳の女の子は着物を肩上げ、腰上げして着用し、胸元に箱せこと扇子をさし、草履(木履)をはき、バッグを持つスタイルが基本となります。

洋装の場合

洋装の場合はどの年齢でも男の子はスーツを着用することが基本です。
女の子はワンピースやドレスを着用します。シンプルで派手すぎない落ち着いたデザインが良いですね。

両親の服装

お母さんの服装は和装、洋装どちらでも構いません。
子どもが着物を着るならお母さんも合わせて着物(訪問着、色無地、附下)でも良いですし、スーツやセミフォーマルの洋装でも問題ありません。
お父さんは基本的にスーツを着用します。
あくまでも主役は子どもなので派手すぎず、控えめで落ち着きのある色合いの服装にするよう心掛けましょう。
祖父母や親族も一緒に参加する場合も両親の服装に合わせます。

まとめ

初めての七五三を祝うにあたり、知っておきたいことをまとめてみましたがいかがでしたでしょうか?
11月は七五三のピークで神社や写真スタジオは混み合うことが予想されるので早い段階で予約をしておくことをお勧めします。
子どもの行事は事前準備など大変なことも多いですが、健やかに成長していることをあらためて実感できる時でもあります。当日はやることや予定も多くバタバタしがちではありますが、なによりも我が子がすくすく育ってくれていることに感謝の気持ちをもって行うことが大切です。素敵な七五三の思い出がつくれると良いですね。