「初めて」「始める」初心者向けメディア
引用元:

【初心者向け】おすすめのウクレレと選び方

ウクレレを始めるたいと思ったら、まずウクレレを選ぶ必要があります。ウクレレの値段はいくらくらいなのか、どのようなメーカー(ブランド)のものを選べばいいのか、などわからないことがたくさんあるかと思います。そんなウクレレ初心者の方がウクレレを選べるように選び方のポイントをまとめました。
引用元:

ウクレレを始めたいと思ったときに、一番に考えるのは楽器の値段ですよね。ウクレレも数千円のものから何十万円もするものまで、様々な値段のものがあります。

音楽教室などに通われる予定の方は、指導者のおすすめを参考にするのが良いでしょう。しかし、独学で始めてみたいという方もたくさんいらっしゃると思います。そんな方に向けて、「おすすめのウクレレと選び方」をまとめました。

ウクレレの選び方

ウクレレのサイズを確認しよう

ウクレレはソプラノ、コンサート、テナー、バリトンと、大きさと音色が違うサイズがあります。ソプラノが一番小さく、バリトンが一番大きくなっています。
入門者の方はまずはソプラノを選びましょう。手が大きくてソプラノでは扱いづらい、ソプラノに比べて深みのあるコンサートの音色に惚れた!というような場合はコンサートも選択肢に入ってきますが、ほとんどの場合まずはソプラノがおすすめです。

楽器店で購入する際の注意点

メーカーの見当がついたところで、実際に楽器店に行ってウクレレを見てみましょう。ここではいくつかのポイントをご紹介します。

必ず試奏させてもらおう

楽器店で購入する際の大きなメリットは、直に楽器に触れることができるということです。実際に楽器を持って、音色の感じや、ボディのフィット感などを確認しましょう。まだウクレレを弾けないから試奏も何もできない、と考えてしまうかもしれませんが、チューニングは店員さんが合わせてくれることがほとんどですし、楽器を持たせてもらい、左手は何も押さえずに右手でポロンポロンと弦を弾いてみるだけでも良いです。
店員さんにしっかりと購入の意志があることを伝え、いくつか金額の違うウクレレを鳴らしてみると違いがわかって勉強になります。

ストレートペグとギアペグ

ペグ(弦を巻くところ)はストレート式とギア式のものがあります。ウクレレではストレート式のものが主流ですが、ギターのようなギア式のものも出回っています。
ストレート式は少し回しただけで大きく音程を変えることができるので、素早くチューニングするのに適していますが、それは初心者の方にとっては微調整が難しいということも意味しています。また、ネジが緩む(弦が緩み音程が下がってしまう)ことがどうしてもあり、緩んだらまたドライバーでネジを締めなければなりません。
ギアペグはギターのようなギアで巻くペグです。ギアペグのメリットは、ストレートペグよりも細かく音程を調整することが容易で、ネジの緩み等の心配もありません。ストレートペグよりも重いのが難点ですが、最近のものはあまり気にならないようになってきています。
メリット、デメリットを総合的に考えると初心者の方にはギアペグがおすすめですが、楽器店で直に両方のペグを確認し、使いやすい方を選びましょう。

一目ぼれも判断材料

楽器選びはフィーリングも大切です。たくさん並んでいるウクレレの中で、なんとなく目に付くものがあれば、それはあなたの感性に合った楽器かもしれません。自分のお気に入りの楽器を持っていると、練習も楽しく続けられそうですよね。

インターネット通販を利用する

近くにウクレレを扱っている楽器店がない場合などは、インターネット通販も選択肢に入ってきます。直に楽器に触れることはできませんが、購入するメーカーや値段などでおおよその見当を付けて購入しましょう。やはり品質が安定しているという点で、上記のFamousがおすすめです。

中古品について

リサイクルショップなどで中古のウクレレを購入したり、知人から譲ってもらうなどして、ウクレレを手に入れる方も多いでしょう。中古品でも状態に問題がなければ十分に使用に耐えます。状態に関しては、初心者の方だと自分で判断することが難しい部分でもあります。一度ウクレレを扱っている楽器店に持っていって、状態の確認、必要であれば修理をお願いすると良いでしょう。

オススメのウクレレ

国内産おすすめのメーカー

初心者向けのウクレレとして、まずおすすめするのは国内産のものです。ハワイのみやげ物店でお土産にウクレレを買ってそれを期に始める、といったような場合も多いかとは思いますが、楽器の品質的には少し心配です。
国内産のものは作りが安定しているので、初心者の方でも購入の判断がしやすいでしょう。大体二万円以上のものなら、自分の今のフィーリングで選んで大丈夫です。

Famous(フェイマス)

KIWAYA(キワヤ商会)のブランド。国内産ウクレレを購入する際に真っ先に選択肢に入るブランドです。いくつか国産メーカーはありますが、入門者向け、価格帯、品質などを考慮すると、このFamousしかおすすめできません。価格帯は2~3万円のものが多く、入門に最適です。品質も安定しているので、安価な楽器にありがちな音程の不安定さも心配がなく使用できるでしょう。

まとめ

数千円のウクレレも出回っていますが、品質を考えるとおすすめできません。
これから楽しくウクレレを弾いていきたいのに、楽器自体の問題でスムーズに練習ができないなどの問題が起こってしまうのはもったいないです。

良い楽器は長く使え、愛着も湧き、自分の宝物のようになっていくでしょう。自分に合った良い楽器を手に入れて、楽しいウクレレライフを!