「初めて」「始める」初心者向けメディア
引用元:weheartit.com

初節句っていつ?何を用意すればいいの?

子どもが生まれてから色々な行事がありますが、その中で疑問の多い"初節句"。初めての節句を祝う時、どのように祝うのか?いつ、どのように行うものなのか?と疑問も多いと思います。節句は男の子と女の子では祝い方や時期、またそれぞれ用意するものが異なります。お子さんの性別に合わせて初節句のために用意しておくべきものをまとめました
引用元:weheartit.com

子どもが生まれて初めての節句を祝う際、「お祝いの仕方はどうすればいいのだろう?」「お祝いの席にふさわしい食べ物ってなんだろう?」「準備は何が必要なの?」と疑問に思うことが多いと思います。
節句は男の子と女の子では祝い方や時期、またそれぞれ用意するものが異なるので、事前にしっかりと理解しておきましょう。

そもそも初節句って?

子供が生まれて初めて迎える節句のことを“初節句”と言います。
赤ちゃんの健やかな成長と厄除けを願う行事のことです。
男の子の節句は端午(たんご)の節句といい5月5日、現在でいうこどもの日にお祝いをします。
女の子の節句は桃(もも)の節句といい3月3日、雛祭りにお祝いをします。
子どもの誕生日が上記の日にちに近い場合は翌年の節句を初節句としてお祝いすることが多いです。
初節句は両親だけでも十分ですが、祖父母や親戚など近しい人を呼んで赤ちゃんの健やかな成長を祝うのも良いでしょう。昔は長男の初節句は盛大に行っていたようですが、現代では産まれた順や性別に関わらず、全ての子どもに祝うのが基本です。子どもの大切な行事の一つですので必ずお祝いしてあげましょう。

男の子・端午の節句の祝い方

五月人形、鎧兜や鯉のぼりを事前に飾ります。飾る時期は地域によって違いますが、一般的には4月中に飾り、5月5日を過ぎたら片付けるという流れが多いです。

武者人形は男の子の成長を見守る、守り神のような存在で勇ましい男の子に育つようにとの思いで飾られます。
鎧兜は武士道精神を象徴する身を守る大切な道具なので、事故や病気、災害などから子どもの身を守るという意味合いで飾られます。
鯉のぼりは非常に生命力の強い魚なので、たくましくどんな荒波をも乗り越え、人生の成功を願うという意味で飾られます。

食べ物では粽(ちまき)や柏餅を食べるという風習があります。
粽とはもち米やうるち米などで作った餅を笹などの葉で三角形に包み、イグサで縛り、葉ごと蒸して加熱したものです。粽を食べる由来は中国の故事からきており無病息災の意味合いがあります。
柏餅は日本独特のお菓子で上新粉で作った餅の中に餡などを包み、柏の葉でまいたものです。柏の木は新芽が出ないと古い葉が落ちないため、子孫繁栄を象徴し、縁起が良いとの意味合いから食べられるようになりました。
一般的に関西ではちまきを、関東では柏餅を食べるご家庭が多いです。

また端午の節句は“菖蒲(しょうぶ)の節句”とも言われ、邪気祓いの力があるとされる菖蒲を使い菖蒲湯に入って無病息災を願ったりもします。

女の子・桃の節句の祝い方

雛人形を事前に飾りましょう。飾る時期は地域によって違いますが、遅くとも雛祭りの一週間前くらいまでには飾っておくと良いですね。節句当日、もしくは前日などに飾るのは“一夜飾り”と言って縁起が悪いとされているので避けた方が良いです。片付ける目安ですが、よく3月3日を過ぎたらすぐに片付けないと婚期が遅れるという言い伝えがありますが、これは「片付けがきちんとできないようではちゃんとした女性になれず、お嫁にもいけないよ」というしつけの意味を込めての言い伝えだと言われています。片付ける目安は柔軟に対応し、3月3日を過ぎたら比較的早めに、湿気対策も考慮して晴れた日にしまうと良いでしょう。

雛人形には人に変わって厄災を引き受ける人形(ひとがた)の役割があるとされ、女の子の幸せや健やかな成長を願い、その思いを込めてお雛様を飾るとされています。
雛人形の飾りには結婚式の場面が表現されており、将来幸せな結婚ができますようにとの願いも込められています。

食べ物では菱餅(ひしもち)にひなあられ、ちらし寿司や蛤を使った料理を食べお祝いをします。

菱餅は緑、白、桃色(赤)の三色の餅を菱形に切って重ねたもので、色の意味はいくつかあり、健康の緑、清浄の白、魔除けの桃色という意味と大地の緑、雪の白、桃のピンク色から「雪が溶けて大地に草が芽生え、桃の花が咲く」という意味合いがあります。
ひなあられは、元々菱餅を砕いて揚げたものだったとされています。関東と関西ではひなあられの見た目や味付けに違いがあり、一般的に関東では米を加熱して膨らませ、米粒のような形に砂糖で甘味づけしたお菓子ですが、関西は丸い形で醤油や塩などで味付けをします。
ちらし寿司はそのもの自体に言われはありませんが、縁起の良い具材が使われることが多いため、祝いの席にふさわしいと用意されることが定番となりました。
蛤の貝がらは対になっている貝がら同士でなければ合わないため、ぴったり合う伴侶に出会えるように、一生一人の人と添い遂げるようにという良縁の意味があるために用意します。

まとめ

一般的な初節句(端午の節句・桃の節句)のお祝いの仕方をお伝えしました。男の子と女の子ではお祝いの仕方がだいぶ違うということがわかっていただけたかと思います。
一般的なお祝い方法を書きましたが、決して全て行わなければいけないというものではありません。形式にとらわれず出来る範囲で準備をしてお祝いしましょう。なによりもその子どもにとって初節句は一生に一度しかないので、子どもの大事な行事として必ず祝ってあげることが大切ですね。