「初めて」「始める」初心者向けメディア
引用元:weheartit.com

子供のお宮参り(服装、マナー、時期はいつ?)

子供が産まれて初めての行事はお宮参りです。初めてのお子さんのお宮参りとなると「どんな服装で参加するべきか?」「子供に着せる服は?」「謝礼の初穂料はいくらか?」「時期はいつか?」などわからないことも多いと思います。生後1ヶ月にはお宮参りに行くことが一般的なため、直前でバタバタしないよう知っておきたいことをまとめました。
引用元:weheartit.com

子どもが産まれて、まず一番最初に迎える行事として「お宮参り」があります。
お宮参りとは、その土地の守り神である産土神(うぶすながみ)に赤ちゃんの誕生を報告し、無事に産まれた感謝やこれからの健やかな成長を願う行事のことです。
出産を終えて、最初の一ヶ月は慣れない育児に特に大変な時期ですので、事前に確認しておきましょう。

お宮参りの時期

神社に参拝する時期は、生後1ヶ月頃が目安です。一般的には男の子は生後31日、女の子は生後32日と言われていますが、その土地の風土、風習によって行う時期は様々ですので、両家の祖父母に確認、相談をしてみると良いでしょう。

行事ということで日にちにこだわる人も多いですが、まずは日にちよりも産後のお母さんの体調に配慮したり、天候の良い日を選びできる限り赤ちゃんに負担をかけないようにすることも大切です。
一緒に参拝する予定のご家族がいればその方たちと日程を調整して計画を立ててみると良いでしょう。

お宮参りの仕方やマナー

基本的に普段は両親が赤ちゃんを抱っこしていると思いますが、お宮参りの時、父方の祖母が赤ちゃんを抱っこするという”しきたり”が昔はありました。現代でもお宮参りに祖父母が参加する場合、父方の祖母が抱っこしていることが多いようです。父方の祖母が参加する場合には、赤ちゃんの抱っこをお願いしてみても良いでしょう。

お宮参りの仕方は、他のお参りと同じように神前で鈴を鳴らし、ニ礼ニ拍手一礼をして健やかな成長をお願いします。
通常通り参拝を行うだけでも十分ですが、より丁寧に行う方法として、事前に神社に予約を取って神職に祝詞(のりと)をあげてもらうこともできます。祝詞を行う際は神社に謝礼として納める初穂料(はつほりょう)が必要になります。神社によってはあらかじめ金額が設定されている場合もあるので事前に出向く予定の神社に初穂料の金額を確認することをオススメします。特に設定されていない場合は五千円から一万円が相場です。
また、熨斗袋(のしぶくろ)は紅白の蝶結びの水引きを使い、上段に御初穂料、下段には赤ちゃんの名前を書くのが一般的です。

お宮参りの服装

主役である赤ちゃんの服装は、和装の祝い着や洋装のベビードレスにするという場合が多いです。
昔は、母方の実家から祝い着を贈るという”しきたり”もありましたが、現代では昔のしきたりのような決まりは特にありません。正装として祝い着を着せる場合もあれば、洋装のドレスを着せて参拝するご家庭も結構多いです。
正装で行いたいけど、お宮参りのためだけに買うというのは…という場合は、レンタルを考えてみても良いでしょう。写真スタジオなどで正装のレンタルができます。また、レンタルした正装をクリーニングをせずに返却できるところもありますので、事前に調べてみてもいいと思います。

子供の服装

祝い着は男の子と女の子で種類が異なります。
男の子の祝い着は、兜や龍、虎や鷹などの力強い絵柄が入った、熨斗目模様(のしめもよう)のものが一般的です。色は黒や紺、ブルー、その他にグリーンやシルバーなどもあります。また、おめでたい絵柄として宝船や宝包、富士山など吉祥文様(きっしょうもんよう)も使われた祝い着もあります。
女の子の祝い着は、桜、牡丹、鞠、蝶などの絵柄が入った友禅模様(ゆうぜんもよう)が一般的です。色は赤、ピンクや黄色などがあります。おめでたい絵柄として鶴や宝船、打ち出の小槌などの吉祥文様が用いられた祝い着もあります。
また、洋装のベビードレスの場合は、男の子と女の子での違いはありません。白いベビードレスが一般的です。他にもベージュや淡いブルー、淡いピンクのような優しい色合いのものであれば問題ないでしょう。ベビードレスの上にケープをかけてお宮参りをする方も多いです。

両親や祖父母の服装

両親や祖父母の服装は、基本的には赤ちゃんの服装に合わせます。
赤ちゃんが祝い着を着る場合、赤ちゃんを抱っこする親もしくは祖母は着物が合います。ですが、お母さんは授乳をすることもありますし、着物を選ぶと髪型や着付けなどで時間がかかってしまうため、和装にはせず洋装とする方も多いです。
和装、洋装についてはあまり堅苦しく考えず、無理のない範囲で決めると良いでしょう。また、男性の方は父親祖父ともにスーツを着る方が多いです。
あくまでも主役は赤ちゃんですので、赤ちゃんより目立つような服装は控えるようにしましょう。

お宮参り後の予定

お宮参りは赤ちゃんの初めての行事ということもあり、記念の写真撮影を行うことが多いです。記念撮影を写真スタジオで行う場合、お宮参りの前後どちらでも構いませんが、神社で祝詞を行う方はお宮参り後の写真撮影にした方が良いでしょう。
赤ちゃんの写真撮影はなかなか思うように進まない時もある為、予定や予約の時間には余裕を持たせておくべきです。お宮参り後に両親、両家祖父母で食事をすることも多いため、どこのお店を予約するか等、誰が段取りをするのかも決めておくといいでしょう。

まとめ

初めてのお宮参りについてまとめてみましたが、いかがだったでしょうか?
お宮参りに参加される親族の方々を確認したり、ご自身や子供の服装について考えたり、マナーや写真撮影など考えることが多く大変かと思いますが、子供の初めての行事ですのでスムーズに終わらせられると良いですね。
日取りや、当日の行動などで重視しておくべきなのはやはりお子さんの体調です。しっかりお子さんの体調を考えてお宮参りを行ってください。