「初めて」「始める」初心者向けメディア
引用元:weheartit.com

【初心者向け】おすすめのヴァイオリン(バイオリン)と選び方

ヴァイオリンの初心者の方で、自分のヴァイオリンが欲しいと思ったら、まずこのまとめを読んで初心者の方向けバイオリンの選び方を知りましょう。ヴァイオリンを選ぶ時に注意しておくべきポイントや、初めてのバイオリンとしてできる限り安く安心して使えるオススメなどを中心にまとめました。
引用元:weheartit.com

初心者向けの比較的安価なヴァイオリン(バイオリン)は、意外にも沢山の種類があり、それぞれ価格や音色など特徴があります。

比較的安価といっても数万円の大きな出費となるので、楽器選びは失敗したくないですよね。

音楽教室などお稽古に通われる予定の方は、担当の指導者の薦める物を購入することをオススメしますが、独学でヴァイオリン(バイオリン)を始めたい方や一刻も早く楽器に手にして弾いてみたい!という方のために「おすすめのヴァイオリン(バイオリン)と選び方」をまとめました。

自分に合ったサイズの楽器を選ぶ

ヴァイオリンを始めるのに必要な物(用意すべき物)」の記事でも記載しましたが、ヴァイオリン(バイオリン)は分数楽器と言われる楽器で、身体の成長に合わせて使用する楽器のサイズが変わります。

インターネット上でヴァイオリンのサイズ早見表を見ることができますが、身長だけでなく腕の長さや手の大きさも関係してきますので、楽器店に足を運び実際に楽器を持って適切なサイズをご購入することをオススメします。

金額は3~10万円程度の物がオススメ

楽器の値段は大量生産か手工品か、また、使用される木の材質や製作された国によって大きく異なってきます。
インターネットでは安い物では1万円台から販売されていますが、楽器の作りのクオリティは保証できません。
オススメは、ヴァイオリン本体、弓、ケースがセットになった入門セット3万円台ぐらいの物からです。ヴァイオリンらしい綺麗な音色を求めるのであれば、6万円程度の物を購入すると長く楽しめます。更に素敵な音色を求めるのであれば、金額はそれ相応に高くなっていきます。

ヴァイオリン(バイオリン)は高額な物も多く、上を見たらキリがありません。しっかり予算を決めて予算内で選ぶことが大事です。
小さなお子様は成長に合わせて何度も楽器の買い替えが必要になるので、最初は安価な物を選ぶのも一つの選択肢でしょう。

手工品は職人の手間がかかっていることから高価なものが多く、初心者向けの楽器は極端に少ないです。
ここでは入門セットで人気のメーカーを、私の個人的感想も踏まえてご紹介します。

ステンター アウトフィット SV-180

定価は2万円程度です。
音量が大きく、初心者でも音が出しやすいと思います。しかし作りが少し雑で、音色もザラザラした印象です。

1/16~1/2までの小さな分数楽器は子供の成長が早く、個人差はありますが、1年程度しか使用せず次のサイズに買い替えることもしばしばあります。また、小さなお子様は練習中に楽器を落下させて壊してしまうケースもあるので、安価な物を購入して気軽に楽器に触れさせたいという方におススメです。

カルロジョルダーノ バイオリンアウトフィット VS-1

定価は4万円程度ですが、販売価格は安いところで2万円台からあります。
音色は明るく綺麗ですが、軽く薄い印象。しかし作りは丁寧でしっかりしているので、コストパフォーマンスは高いです。

とにかく安く、でも良い物が欲しい方にオススメです!

鈴木バイオリン アウトフィットバイオリンNo.230

定価は6万円台です。
鈴木ヴァイオリンは、教本や楽器などシェア率も高く、独自のメソッドを生かした音楽教室も日本各地にある、日本を代表する弦楽器メーカーの一つです。

そんな鈴木バイオリンから販売されている入門セットNo.230は、楽器の作りも綺麗で、音色も申し分なく、値段もお手頃です。同じく入門セットでNo.210がありますが、数千円の差で音色が全く違うので断然No.230をおススメします。

鈴木バイオリンで更に良い音色の物を求めるのなら、No.300を選ぶと良いでしょう。より良質な材料を使用しているので深く美しい音色となっています。

ヤマハバイオリンV7SG

定価は8万円台です。
有名なYAMAHAからも勿論ヴァイオリンが販売されています。

このモデルは上記でご紹介した物とは違い、手工品となっているので初心者向けの楽器の中ではお値段は少し高めです。

音色は明るく軽いですが、音量がしっかり出ます。また、手工で職人が一つ一つ手作業で作っているので、作りが丁寧で楽器の板が薄く作られていると思います。

入門セットでも手工品に拘りたい方はオススメです!

中古品ってどうなの?

優れた手工のヴァイオリンは、年月が経つにつれて音色が更に美しくなり趣が増すことから、古い楽器は更に価値が上がり取引される値段も高額になっていく傾向があり、本来「中古」という概念はありません。(ストラディバリウスなどが代表的な例です。)

しかし、初心者向けの楽器や子供用の分数楽器、手工品でない楽器は「中古品」として買取販売が主流で、新品より安価に購入することができます。

中古品を購入する際の注意点はやはり楽器の状態です。小さな傷は音色にはほぼ支障がないので問題ありませんが、板の割れなど大きな破損の修復が施されている場合は購入を控えましょう。また、オークションなど個人で出品している中古の楽器は稀に状態が悪い物もあるので、購入には注意が必要です。

中古の弓を購入する場合は、弓の毛は新しい物に張り替えていないことが多いので確認が必要です。弓の毛は消耗品で、本来は数か月~1年で張り替える物なので、古い状態のままの場合は張り替えてから使用しましょう。

まとめ

初心者の方が失敗せず楽器を購入するには、予算をしっかり決めた上で、ヴァイオリン本体、弓、ケースがセットになった入門セット(新品)を選ぶことが一番でしょう。

値段と音色はある程度比例しているので、高価なものを購入すればそれだけ素敵な楽器に出会える確率は高くなります。しかし、安価な楽器も高価な楽器も愛着を持って弾き込むことで音色が育っていきます。

是非この記事を参考にしてご自身に合った素敵な楽器を購入してください!