「初めて」「始める」初心者向けメディア
引用元:weheartit.com

幼稚園の初めて(ママ友・運動会・夏休み・連絡帳)について

幼稚園が初めてなのは子供もママも同じです。幼稚園で催される様々な行事について、ママ友との関わり方、運動会の準備について、夏休みについて、連絡帳の書き方についてなど初めてで分からないことが多いと思います。事前に知っておけば少しは不安も解消できるものもありますので、ママの幼稚園での初めてについてまとめました。
引用元:weheartit.com

幼稚園に入園するまでに説明会や面接、入園準備など初めての出来事ばかりだったと思います。入園したらしたで、幼稚園での初めては色々あります。
行事や子供の体調不良、ママ友とのコミュニケーションなど、「幼稚園の中での初めての出来事について」と「その対応方法」について見ていきましょう。

幼稚園で参加する行事

幼稚園では、ママやパパに一緒に参加してもらう行事が色々あります。幼稚園によって参加しなくて良いものもありますが、一度行事のまとめを確認しておきましょう。

  • 親子遠足
  • 夏祭り
  • 運動会
  • 学芸会 、音楽会、お遊戯会
  • もちつき大会
  • 保育参観2~3回

これらの親参加の行事以外にも幼稚園によっては、多く行事があります。
また、PTAの役員などになると、行事の準備や他にも参加する行事が増えます。

行事に参加したくない、できない

仕事の都合があったり、周りのママ友などの兼ね合いでできれば参加したくないという方も意外に多くいます。その場合欠席(不参加)でも問題ないのでしょうか?
自分が行事に行かなかったら子供に影響があるかもしれません。親の行きたいけど行けない、行きたくないというのは置いておいて、欠席する場合はどのようにすればいいのか見ていきましょう。

子供の友達のママと友達になる

幼稚園の行事は子供のためにもできれば参加しておきたいものです。自分の親だけ来てないという風に子供を悲しませるのは嫌ですよね。
ママ友のグループがあったりして、参加しづらい場合は、自分の子供の友達のママと友達になっておくのが良いでしょう。子供の仲良い子であれば、全然不自然ではないので、オススメです。

1人でも共通のママ友がいれば、行事に参加しやすいと思いますので是非やってみてください。

パパや身内に出席してもらう

忙しかったり、参加するのがあまりに憂鬱という場合は、他の身内に出席をお願いするのが良いでしょう。一番良いのはお父さん(パパ)に代わってもうらことです。または、自分の母親やお姑さんにお願いするのがいいでしょう。

カメラマンになる

いやいや参加したけど、ママ友がいるわけじゃないから気まずいという方は、できるだけ行事の開始時間ギリギリに行って、終わったらすぐ帰るのも一つの手です。
行事中は無理に会話しようとせず、ひたすらカメラマンになって自分の子供を撮影し続けるというのも良いと思います。

同じような手で、下の子や甥っ子、姪っ子などを連れて行くと、周りの方と話す余裕もないと思いますので、変な気まずさなく行事を乗り越えられます。

初めての運動会

幼稚園では色々な行事が催されますが、その中でも準備が大変なのは運動会です。初めての幼稚園というのは子供だけでなく、親であるママも同じですよね。
運動会の準備や覚えておいたほうが良いという点も見ていきましょう。

運動会に参加(出席)する服装

親子競技もある運動会ですが、どのような服装が一番良いのでしょうか?中には気合い十分で上下ジャージという方もいらっしゃいますが、上下ジャージはやめたほうが良いでしょう。大切なのは以下の内容を考えることです。

  • 汚れても良い服装にする
  • あまり目立たない服装を選ぶ
  • ヒールなどは控えて、スニーカーを履く前提で選ぶ
  • 上下ジャージはやめておく

このように考えると、普段着で汚れても良いものを選ぶと良いと思います。運動会の主役は子供ですので、目立ちすぎないようにしてください。

身内は誰が出席するのか

家庭によって様々ではありますが、パパ・ママ・おじいちゃん・おばあちゃんという感じで参加する方が結構多いです。特に初めてのお孫さんの場合は、両家のおじいちゃん・おばあちゃんが参加するケースが目立ちます。
人数が多ければ、用意するお弁当の量が増えたり、場所取りを工夫する必要があります。参加したいという身内の方の人数は早めに確認しておいたほうがいいでしょう。

時間やプログラムを確認する

運動会で重要なことは、自分の子供がでる時間やプログラムを把握しておくことです。自分の子供がでる種目、順番、お昼の時間をしっかり把握しておき、カメラやビデオで撮影しておきたいですよね。
自分の子供なら出てたらすぐに分かるという方もいらっしゃいますが、似た子がいることも多いため間違えて撮影してしまうというケースもあります。運動会に参加される際は、開始&終了時間やプログラム時間をしっかり確認しておきましょう。

場所取りをする

幼稚園で初めての運動会であれば、良い場所で子供を応援したいと思います。必要であれば、レジャーシートや椅子を用意しておきましょう。その際、出席される身内の人数を確認して敷物などを用意するようにしてください。

場所取りが可能な場所の確認もしっかり行ってください。幼稚園によって、前日の準備完了後から場所取りができる幼稚園と、当日の朝から場所取り開始という幼稚園があります。
場所取りして良い場所の確認、いつから場所取りをして良いのかの確認どちらもしっかり行ってください。

お弁当の用意

運動会といえば、家族全員で食べるお弁当を用意する必要があります。世の中のママさんたちはこのお弁当で悩まれる方が多いとは思います。お弁当を用意する上で覚えておきたいことを以下にまとめました。

  • 子供が喜ぶ可愛いお弁当
    主役である子供のために運動会の応援になるようなお弁当を用意したいですよね。場所取りした場所にもよりますが、周りに他の子供の家族もいると思いますので、自慢気に食べてくれるようなキャラ弁などを用意すると子供も喜びます。
  • 子供のリクエストを聞く
    キャラ弁じゃなくても好きなものや食べたいものが入っているなら子供は喜びますよね。事前に食べたいものを子供に確認しておき、それを入れてあげると良いでしょう。
  • 年配の方が喜ぶものも
    家庭によって異なるとは思いますが、おじいちゃん・おばあちゃんが出席したり、親戚の方まで出席されるというケースもあります。主役は子供ですが、ご年配の方からも喜ばれるお弁当にしておいた方が良い場合もあります。
    運動会に出席したい人を確認して、お弁当の内容を調整するようにしましょう。

初めての夏休み

「幼稚園って夏休みあるの?」という方も多くいますが、幼稚園も夏休みはちゃんとあります。
時期は7月中旬から8月末の約1.5ヶ月です。休みだからと言って、夏休みを意識しておかないのはダメです。

夏休み中の通園

多くの幼稚園では、夏休み中に通園する機会があります。夏季保育と言いますが、3日間は通園するということは覚えておきましょう。
年長のお子さんの場合は、お泊まり保育というのが2日間あります。たいてい全員参加です。
幼稚園に泊まるというケースや、バスを使って遠くの施設に行くケースがあります。幼稚園によって異なりますので、年長のお子さんがいる場合は確認してみましょう。

夏休み中の保育費

「休みなんだから保育費かからないでしょ?」という風に思われがちですが、夏休み分の保育費もしっかり払います。8月分(夏休み分)の保育費はいただきません、という幼稚園でも他の月が高かったりして1年で見ると保育費は変わらないというのが現状です。

夏休み中に子供を預ける場合

幼稚園では、夏休み中でも預かり保育をしてくれる場合が一般的です。ただし、通常の月謝とは別に預かり保育料がかかってしまいますので、あまりおすすめではありません。
預かり保育料は1日で1,000円弱というのが平均的な金額ですが、何日も預ける可能性があるという場合は結構な出費になってしまいます。
仕事などで忙しい場合はおじいちゃんおばあちゃんや親戚の家に預けるようにした方が良いでしょう。

初めての連絡帳の書き方

「子供が体調不良だから幼稚園を休ませたい。」「延長保育をお願いしたい。」など幼稚園側に伝えたい内容を書いて伝えるのが連絡帳です。
初めて親として子供の連絡帳を書くから、どのように書いたらいいか分からない。という方も多くいると思いますので、初めての連絡帳の書き方を見ていきましょう。

連絡帳に書くべきこと

連絡帳を使って書いて伝えるべきことと、連絡帳を使わない方がいいこととあります。以下の内容が連絡帳で伝えた方が良いことです。

  • お迎えの時間変更
  • バス通園の幼稚園で、その日だけ車で迎えにいく場合
  • 集金を子供に持たせたので、その確認依頼
  • 延長保育のお願い
  • その他質問

幼稚園によっては、連絡帳ではなく専用の用紙があったり、電話やメールでというところもありますので、しっかり確認するようにしてください。

連絡帳に書くべきではないこと

連絡帳というのは、名前の通りあくまで連絡事項を書くものというのは覚えておいてください。連絡事項にならないような、深刻な相談や質問などは連絡帳ではなく電話や直接話す方が良いでしょう。

また、連絡事項ではないこと「今日幼稚園でこんなことがあって、と言ってました」のような内容を毎日のように書くママもいるようですが、それもやめた方がいいでしょう。

書いた方が良い内容

先生も人ですから、感謝の気持ちや労いの気持ちを読んで嫌がる人というのはいません。連絡する内容の前や後に「いつもお世話になっています。」「いつもお手数をおかけしてます。」などを書いておくと良いと思います。
ただし、連絡事項がメインですので、上記のような文章は短く書いた方が良いでしょう。

まとめ

ママにとっても初めての幼稚園、みなさんが悩みがちなポイントをまとめてみましたが、いかがだったでしょうか?
様々な行事、準備や他の子のママとのコミュニケーションなど悩まれる事や大変な事もあると思いますが、少しでも幼稚園の中で自分の子供が楽しく成長していけるように工夫していきましょう。