「初めて」「始める」初心者向けメディア
引用元:weheartit.com

幼稚園入園 準備するものは?初めての集団生活は大丈夫?

幼稚園が決まったら、入園までの間の期間で初めての集団生活に慣れられるように、準備していきましょう。準備するのは、お弁当箱や上履き袋などの物を揃えることと、服の着替えやトイレがちゃんとできるかなどの生活習慣面です。どちらかの準備だけでは、幼稚園で馴染めなかったり迷惑をかけてしまうことになります。しっかり準備しましょう。
引用元:weheartit.com

幼稚園の入園が決まったら、次にしておくべきことは入園の準備です。入園のための準備は大きく分けて2つあります。入園に備えてお弁当グッズなどの必要な物を用意しておくことと、幼稚園という初めての集団生活に子供が馴染めるように”出来ること”を増やしておくという準備があります。

入園が決まってワクワクしている反面、ママからすると不安な気持ちがいっぱいだと思います。少しでも初めての集団生活で楽しく成長してくれるように、しっかりと準備していきましょう。

入園前に準備しておきたい”物”

入園までに準備しておきたい物は、幼稚園によって異なる場合があります。幼稚園で決まっているものがあったりもしますので、「入園準備のための保護者説明会」が1月頃にはあると思いますのでその場で確認しておくと良いでしょう。
一般的に必要になる物を見ていきましょう。

生活用品を用意する

幼稚園で日常的に使用するものから、都度使うものまであります。幼稚園によっては指定されているものがあったりもしますので、気になることは入園する幼稚園で詳細まで確認した方が良いでしょう。

お弁当関連のグッズ

  • お弁当箱・水筒
    子供が一人で扱う物ですので、蓋やコップの開閉が簡単にできるものを選んでください。また、しっかり閉じることができるものを選ぶのも大切です。お弁当箱の場合、大人のようにお弁当を傾けないように気をつけてはくれないと思いますので、蓋を閉めてからゴムバンドをする方法だと汁が漏れる心配も減らせます。
  • お箸・フォーク・スプーン
    お箸が使えるようになったらお箸で基本的には問題ありませんが、お箸が上手に使えなかったり、細かめのおかずではフォークやスプーンを使った方が良いこともあります。
    お箸・フォーク・スプーンのセットはしっかり用意しておきましょう。
  • 歯磨き用のセット(歯ブラシ・コップ・袋)
    歯ブラシを選ぶ時は、家の歯ブラシを選ぶ時と同じで年齢に合わせたものにしてください。磨きやすいものを選ぶようにしましょう。
    うがい用に使うコップは、プラスチックで軽いものにすると良いでしょう。取っ手がしっかり掴みやすいものを選ぶのも大切です。
  • 靴(運動靴・うわばき・うわばき袋)
    靴を選ぶ時はしっかり選ぶことが大切です。子供一人で靴をはいて、脱ぐということをするわけですから、簡単にできるようマジックテープのものか、ファスナーのものにしておくのが無難です。
    上履きは、できる限り丈夫なものを選ぶようにしてください。毎週洗濯しているとすぐに壊れてしまいます。上履きのデザインも幼稚園によって指定されていたり、禁止されているものがあったりもしますので、確認してください。
  • 雨用のセット(傘・カッパ、レインコート・長靴)
    傘やレインコートで重要なのは子供の身長に合ったものを選ぶということです。傘は交通安全の視点からなるべく派手な色のものがいいでしょう。レインコートは目立つような色というのも大切ですが、反射テープがあるものがおすすめです。
    長靴を選ぶ際は、滑りにくさと洗いやすさという面を考えて選ぶと良いでしょう。

文房具を用意する

下には少なからず最初から用意しておきたいものを書いていますが、他にも絵の具関係のグッズや粘土関係のグッズが必要になってきたりもします。幼稚園での指定範囲もありますので、最初に用意しておきたいものを頭に入れておくようにしましょう。

文房具関連のグッズ

  • のり
    のりを選ぶ時は子供用ののりを選ぶようにしてください。子供用ののりを選んでおけば、万が一口の中に入れても食べても安全です。
  • クレパス(クレヨン)
    クレパス(クレヨン)を選ぶ時には、発色がよく、太めのものを選びましょう。細いものや発色があまりないと、折れてしまったりうまく描けなかったりするためです。
  • はさみ
    はさみを選ぶ時は、握りやすさや動かしやすさ、切りやすさなどをよくチェックするようにしてください。
  • お道具箱
    お道具箱は幼稚園指定のものや、ロッカーがありそこに道具をしまうところなど対応が分かれてくる物です。置ける場所も限られているため、家庭で用意する必要があれば大きさの指定など確認するようにしましょう。

手作りグッズを用意する

どこまでを購入して、どこから手作りにするか悩まれる方も多いと思います。また、「できれば最初の子の道具くらいは手作りで作りたい」という方もいらっしゃるのではないかと思います。各グッズを入れる袋は、手作りで用意するという方が多いです。同じ色や柄で揃えたりすれば、使う布を大き目に購入してくれば良いでしょう。

手作りグッズ

  • お手拭きタオル
    市販のものでもいいですが、できればひも付のタオルの良いため手作りされるママは多いと思います。子供が自分のタオルとわかるものにしておけると良いでしょう。
  • お弁当袋
    お弁当箱と箸やスプーン、フォークなどを一緒にしまえる袋を用意する必要があります。きんちゃく型でヒモを引っ張るだけで袋を閉められるものがいいと思います。
  • 歯磨き道具の袋
    歯ブラシやうがい用のコップを入れる袋です。どちらも入れやすい大きさにしておいた方がいいでしょう。歯ブラシの長さをしっかり考えて用意してください。
  • 体操服入れバッグ・絵本バッグ
    幼稚園で指定される可能性もありますが、開けやすさ閉めやすさをちゃんと考えて作るようにしてください。絵本バッグは様々な大きさの絵本でも対応できるようにしておきましょう。

名前を書かずにスタンプを用意しよう

ひと昔前であれば、みなさん手書きの名前をそれぞれのグッズに書いて持っていたと思いますが、最近はお名前用のスタンプを使用する機会が増えています。

ママの仕事も忙しいですし、できるだけ分かりやすい字体の方が良いということもあります。下のような商品を用意しておき、準備する時に名入れしましょう。

入園までに準備しておきたい”事”

入園までに準備しておきたい物についてはイメージできたと思います。物の準備はバタバタしないように先に確認や購入、作成をしておくようにしてください。
物とは違って準備しておきたい事の方が恐らく大変です。どのようなことを準備しておくべきか見ていきましょう。

身の回りのこと

準備しておきたい物とは異なり、準備しておきたい事の場合は入園までの時間をしっかり使っていく必要があります。まずは「身の回りの事は自分でできるようになること」です。

幼稚園の方針にもよりますが、基本的には幼稚園は集団生活です。先生がいるため助けてくれる部分ももちろんありますが、自分のことは自分でできていて損はありません。
逆にいつまでもできないと、「自分のことは自分でできるように」と言われてしまいます。いつも親が手助けしていたことでも、入園が決まったらその期間で出来るようにしておく準備が必要です。

服の着替え

幼稚園で決まった制服がある場合は、その制服や体操着などもそうですが、着替えが自分でスムーズにできるようになっておく必要があります。先生が最初は補助してくれる場合もありますが、年少の子たち全員の補助をしている余裕などあるわけありません。
最低限幼稚園で着替えるものは、着替えの準備をしておきましょう。

靴の脱ぎ履き

服の着替え同様に、幼稚園内で靴を脱いだり履いたりします。上履きに履き替えたり、運動靴を脱いだりというような感じです。
集団生活ですので、自分でできなかったり、脱ぎ履きが遅すぎたりしないように練習が必要です。すでに脱ぎ履きが自分でできる子は、スピードアップできるように練習しておきましょう。
また、運動靴などは脱ぎ履きしやすい靴を選んであげると良いと思います。

挨拶の練習

「おはようございます。」「こんにちは。」「さようなら。」という基本的な挨拶は練習しておくようにしましょう。特に親子の関係だと日常生活で使わないものだと思うので、習慣づけをしておくと良いでしょう。

トイレの練習

3歳にもなってくるとトイレは一人でできるという子が多いのですが、うんちでもおしっこでも、和式でも洋式でも問題なくできるのか確認しておきましょう。
特にうんちをしてお尻を拭くというのがうまくできない、という子が多かったりしますので練習はしっかりしておきましょう。

助けを求める練習

今まで親と子供だと、「○○してほしい」「どうしたら良いですか?」というようなコミュニケーションはしてきていないと思います。
先生とのコミュニケーションだと必要になってくるものもあります。家で習慣づけられるように練習しておきましょう。

まとめ

幼稚園に入園前には準備しておきたい”物”と”事”をまとめてみましたが、いかがだったでしょうか?

時間が長くあるわけではないため、しっかり頭に入れながら幼稚園とも確認して進めるようにしてください。