「初めて」「始める」初心者向けメディア
引用元:weheartit.com

YouTuber(ユーチューバー)を始めるために必要なもの

職業としてや、副業として、趣味としてYouTuber(ユーチューバー)になりたい方向けにYoutuberを始めるために必要なものをまとめました。Youtubeで今流行っている人気のYouTuberのジャンルや、動画撮影方法、動画編集方法についても必要なものは何か?いくらかかるのか?などを入門用に解説しています。
引用元:weheartit.com

YouTuberとして「お金を稼ぎたい」「有名になりたい」と思ったら、始めるために必要なものをまず把握するところから始めましょう。

お金の稼ぎ方、Youtubeでの収益化やチャンネルの登録者の増やし方などは別記事でまとめますが、まずはYouTubeアカウントの開設や、動画の内容(アイデア)、動画の編集、チャンネルの設定などをまとめてみます。

Youtubeアカウント作成&チャンネル設定

YouTuber(ユーチューバ ー)を始めるためには、まずYoutube自体のアカウントを作る必要があります。これをやらなければ、そもそも動画を上げることもできませんし、Youtuberとしてのチャンネル設定もできませんからね。

Googleアカウントを作る

YouTubeの運営会社はGoogleということもあり、YouTubeのアカウントはGoogleアカウントを持っていれば大丈夫です。Googleアカウントをまだ持っていないということであれば、以下の登録画面から登録しておきましょう。
Youtuber(ユーチューバー)に興味はあるけど、今すぐに挑戦しようとは思っていないという場合でもGoogleアカウントは取得しておいて損はありません。Youtubeを色々見たりして、コメントを書く時にも必要になるからです。数分で登録完了できると思いますので、さっさと済ませてしまいましょう!

Googleアカウント登録ページ

YouTubeチャンネルの設定

作ったGoogleのアカウントでYoutube内でログインをします。Youtubeでログインができたら、メニューの中からマイチャンネルを探して、それを選択してください。選択すると、このアカウント(Googleアカウント)を使用してYouTubeを利用するかの確認画面が出ると思いますので、OKを選択しましょう!
これでYouTubeチャンネルの設定ができました。

この設定のままだとGoogleアカウントに登録した自分の名前がチャンネル名になっています。
そのままで良いという方はそのままそのチャンネル設定を使うようにしてください。多くの人は自分の名前をチャンネル名にしないと思いますので、オリジナルのチャンネル名を付けたい場合は、以下のページの「新しいチャンネルを作成」を選択して、違う名前のチャンネルを作りましょう。

新しいチャンネル作成ページ

どういうYouTuberになりたいか決める

YouTuberと言っても、様々なジャンルがあります。好きなユーチューバーがいる場合は、「その人みたいになりたい」というイメージでもいいと思います。どのようなジャンルで人気のYouTuberになるのかしっかり考えていきましょう。

Youtuberのジャンルを知る

YouTuber(ユーチューバー)としては、見せたい&見てもらいたい動画を世界に公開することが一歩になりますが、職業としてYouTuberを選択する場合はお金を稼げるようにならないといけませんよね。
お金を稼ぐYouTuberであれば再生回数が多くなければなりません。そういう視点も含めて「どのジャンルならYouTuber(ユーチューバー)として人気がでそうか」考えていきましょう。

YouTubeで人気のあるジャンルを以下にまとめてみます。

  • ビデオブログ
    ビデオブログというジャンルは言葉のままですが、ビデオに撮ったブログのことですので、日常の様子を動画で撮影して、それを公開していくスタイルです。
    このジャンルは下で出てくるような商品紹介やHow To動画を時にはアップしたりもします。男女共にYoutuberはいますが、かわいい女性のビデオブロガーは特に再生回数が伸びやすい傾向にあります。
  • ペット・子供
    Youtubeだけではなく、他のSNSでも同様ですが、ペットと子供は再生回数を出しやすい定番のジャンルです。ペット・子供は言語など関係ないため、世界中で見られる動画であるのは間違いありません。
    ペット・子供のどういう部分を見せていくか決まってしまえば、編集も多くないジャンルのため毎日のように動画をアップできます。
  • トレンド
    巷で流行っているコンテンツにそのまま乗っかる形のYouTuberジャンルです。いつもトレンドを追っていなければならないというデメリットはありますが、そういうことが好きな人には非常に向いています。
    また、流行っているものに乗っかっているため、コンテンツ自体に爆発力もあります。常に新しいトレンドが出てくるのでうまく取り入れられるチャンネルにしておけば、ネタは尽きにくく継続的に活動しやすい。
  • How To(ハウツー)
    HowToのジャンルは、生活に役立つ情報を動画として公開します。生活の裏技系や、覆面パトカーの見分け方、携帯の操作方法など結構何でもあります。かなり幅広いジャンルです。
    動画で見た方がわかりやすい情報というのは多くありますので、それを動画にしていっているイメージです。トレンド商品のHow Toで目立つことができれば多くの人が見ることはわかりますよね?
  • 商品紹介
    人気のYoutuber(ユーチューバー)はこのジャンルが多いです。電化製品、おもちゃ、お菓子などまで幅広く商品の紹介を面白おかしく分かり易くしていきます。
    人気のYouTuberが目立っているジャンルということで多くの人が参入しており、相当自信がないとなかなか難しいジャンルになってきていると思います。
    日本でしか売っていない商品に英語字幕などをつけることで海外の人が観れるようにしたりすると良いと思います。
  • メイク・ファッション
    「メイクアップの過程を撮影して見てもらう」「100円ショップで買ってきた商品だけでメイクする」などなど、人気のYouTuberも多くいるジャンルです。若い女性層に人気のあるジャンルですが、このジャンルのYouTuberはメイクの知識も豊富ですが、どうすれば綺麗に撮影できるかというのもかなり考えて撮影しています。
  • 美女・美少女・セクシー(お色気)
    アダルト的なものはYoutube運営に見つかり次第、削除やBANされることがありますが、美人女性の動画の再生回数はやはりすごいです。アダルト要素がきわどいものであれば特にその傾向が高くなります。
    アカウント凍結、BANなどのリスクはありますが、その分再生回数を増やしやすいジャンルではあります。
  • コメディ
    面白いシーン、おバカな行動など見ているだけで笑える動画がこのジャンルです。また、コメディと一言で表現しても「トーク、コント、体を張る系」など芸人的なカテゴリがあります。
    人気の芸人のネタなどが広まっていくスピードが速いのと同じように、Youtubeを観ている層にうまくハマる動画を作れれば再生回数はウナギのぼりなのは間違いないです。
    ただし、継続的に面白いことを続けていかなければならないため、かなり実力を問われるジャンルであることも間違いありません。
  • ゲーム実況
    海外で特に人気が高いのが、ゲーム実況のジャンルです。国内でもかなりの再生回数が稼げる可能性があります。ゲーム好きのYoutuberがチャレンジしやすいジャンルのため、このジャンルも多くのYoutuberがすでにいます。差別化できないとなかなか目立てないジャンルです。
  • 衝撃映像
    自然災害などの自然現象や、事件・事故などのハプニング映像を集めているジャンルです。動画のネタとなるものが狙って用意できるものでないため、人気のジャンルではあるものの、なかなか継続していくのが難しいジャンルです。
  • 語学(教育)
    英会話を学生などにも分かり易く噛み砕いて解説をしたりするジャンルです。学べる動画のジャンルは最近増えてきています。人気のYouTuberも増えてきているので、語学面や教育面で長けている人には向いています。
    Youtubeを観ている層は10代〜20代が多いこともあり、学生向けなどで学べる動画をアップしていくことでチャンスがあるかもしれません。
  • その他
    通常のトレンドとは異なり、政治経済などのニュース解説やYouTuberの政治思想などを語っている動画なども増えてきています。興味や関心、思想など色々な切り口から新しく人気が出そうなジャンルを考えてみることも大切かと思います。

チャンネルのブランディング

上にまとめたジャンルからYouTuberとしてどのようなチャンネルを開設するか決めたら、次にやるのはチャンネルのブランディングです。

あなたのチャンネル登録者数が増えて、多くの人に動画を見てもらわない限りちゃんとしたYouTuberとは言えません。そのためにはチャンネルを個性的にブランディングしていきましょう。
チャンネルのブランディングでやるべきことは、チャンネルアイコンとチャンネルアートをどういうものにするかです。
チャンネルアートはチャンネル上部にある画像のことです。アイコンとアート画像をそのチャンネルらしいものにしていきましょう。

自分でアイコンとチャンネルアートを作る

Photoshopやillustratorなどの画像編集ソフトやイラスト作成ソフトなどが触れる方は、自分の写真やその他素材と組み合わせてアイコンやチャンネルアートを自分で作れちゃいますね。
どのようなテイストが人気なのか、どういうイメージがチャンネルにあっているのか人気YouTuberのチャンネルを見ながら考えていきましょう。

チャンネルアート作成ツールを使う

画像編集?イラスト作成?そんなのできません。というのが普通かと思います。もしソフトを使って編集ができなくても大丈夫です。チャンネルアート作成ツールというものがあります。
FotoJet
fotor
Canva
この3つのチャンネルアート作成ツールを使ってみることをおすすめします。

クラウドソーシングを利用する

チャンネルアイコンやチャンネルアートのイメージはしっかりと作りこみたい。という方の場合はクラウドソーシングサイト(クラウドワークスやランサーズ)で、制作を依頼するときっと満足いくものが出来上がるはずです。金額は数千円から3万円程が相場のようです。

動画を撮影&編集する

Youtuber(ユーチューバー)になろうとするなら、動画の撮影は必ずしなければなりませんね。
撮影したらその動画をつなぎ合わせたり、テキストで解説を入れたり編集をしなくてはなりません。

動画の撮影方法

ビデオカメラを買ってそれで撮影しましょう!一眼レフの動画機能で撮影しましょう!というような情報も多いですが、最近のスマートフォンを持っているなら正直スマホで撮影しても全然綺麗に撮れますし、最初にお金もかからないのでスマホでの撮影をおすすめします。

撮影時に「リモコンで撮影開始したい」「iPhoneを固定して撮影したい」というような人には、最低限スマホのアクセサリーでカバーするようにしてください。以下のような商品でカバーできます。

動画の編集方法

動画の撮影をスマホでしたら、次は動画の編集をする必要がありますよね。動画の編集は専用のソフトを使うことが推奨されていることが多いのですが、別にそれも必要ありません。
本格的な編集を行いたい人は、「Windows Live ムービーメーカー」「Adobe Premiere Elements」を使って編集するといいと思います。

ここで推奨しているのは、撮った動画をYoutubeにアップします。
動画のアップロードはここから

動画のアップロード画面の右メニューに動画エディタというのがありますので、それを選択します。この動画エディタも色々機能がありますので、使い込んでみる価値は全然あります。
動画自体のエフェクトだったり、複数の動画をタイムラインで組み合わせたり、動画の上にテキストを入力したり、全然できます。

まとめ

YouTuber(ユーチューバー)になりたいと思ったら、まず始めるために必要な知識やものをまとめてみましたがいかがだったでしょうか?まだまだ不明なことも多いと思いますが、まずはどんなYouTuberになって観ている人に「何を与えられるか」だったり、「どんな風に感じて欲しいか」など、考えてみることが最初の一歩だと思います。

ほとんどお金をかけずにYoutuberにはなれるので、動画の切り口を考えることに重点を置くようにしてください。