「初めて」「始める」初心者向けメディア
引用元:weheartit.com

アフィリエイトとは?まずは仕組みを知る

副業でお小遣いを稼ごう!と思ったらアフィリエイトを始めるか一度検討してみましょう。分かりづらい仕組みですが、始めてみれば初心者でもお小遣い稼ぎとして副業にはしやすいものです。けどアフィリエイトって?仕組みも分からない、という入門段階の方向けに、アフィリエイトとは?どんな仕組みなの?というのをまとめています。
引用元:weheartit.com

本業の仕事はあるけれども、お小遣い稼ぎやいつか独立できるように副業を始めてみたい、という気持ちからアフィリエイトについて調べる方は非常に多いです。

アフィリエイターというのが一時期とても増えたことによってお金を稼ぎやすいというようなイメージを持たれている方も多いと思いますが、他のビジネス同様に、大金を稼げるのはごくごく一部の方だけです。
「副業としてお小遣い稼ぎをしたい」という方は、ここにまとめているアフィリエイトの始め方、やり方などに目を通して、必要な知識を身につけていけばできるのではないかと思います。

そもそもアフィリエイトって?

「アフィリエイト(Affiliate)」という単語は、提携や加盟を意味する単語です。
アフィリエイトという広告にお金を払っている広告主の商品やお店と提携することを指しています。

商品やお店って何?って思われる方もいるかと思いますので、広告主がお金を払っているものを一部紹介します。

Amazon(アマゾン)アフィリエイト

ブログなどのサイトを閲覧していると、よくAmazon(アマゾン)へのリンクやAmazon(アマゾン)の商品のリンクが貼られているかと思います。(以下のようなものです。)

世界的に有名なアフィリエイトでお金を払っている広告主の1つはAmazon(アマゾン)です。Amazon(アマゾン)からすると、商品などのリンクからお客さん(ユーザー)がサイトに入ってきてくれて、商品を購買してくれれば儲かります。

「購買してくれたお客さんを紹介してくれたサイト運営者に購買金額の一部を報酬としてあげますよ。」というのがアフィリエイトでの稼ぎ方です。

アフィリエイトで副業をする場合、このお客さん(ユーザー)をサイトに送ることがメインになっていきます。「お客さん(ユーザー)をサイトに送ったとして、商品を買ったかどうかわからないですよね?」という質問に関しては後ほど”アフィリエイトの仕組み”の部分で説明します。

iTunesアフィリエイト

Amazon(アマゾン)と同様にアフィリエイトの広告主としては世界的有数の広告主です。Amazon(アマゾン)と同様にiTunesにサイトなどからお客さん(ユーザー)を送ります。
お客さんがiTunesで曲のダウンロード(課金)、アプリの課金を行うことでiTunes(AppStore)は儲かります。iTunesで課金してくれたお客さんを紹介してくれたサイトに報酬が発生することになります。

ASP

国内外にはASP(アフィリエイトサービスプロバイダー)というアフィリエイトの広告を管理している会社が複数あります。健康食品やカラーコンタクト、クレジットカードなどの広告主がこのASPに広告を管理させて、アフィリエイトで稼ぎたい人がその広告のリンクをサイトなどに掲載します。

このASPについても後ほど詳細を説明します。

アフィリエイトの仕組み

アフィリエイトとは、一言で言うなら「成果報酬型広告」です。インターネットが一般的なものになって生まれた広告なのですが、一番の特徴が”成果報酬型”ということです。

ウェブサイトやスマートフォンアプリには「バナー広告」という広告がよく表示されていると思います。このようなインターネット広告というのにはいくつかの種類があります。

  • 広告が表示されると報酬が発生するもの(見せるだけ) 
  • 広告がクリックされると報酬が発生するもの(クリックだけ) 
  • 広告が表示され、クリックされ、ユーザーが購買や登録、申込をすると報酬が発生するもの(成果報酬)

上記の通り、3番目の広告形態をアフィリエイト広告と言います。

どのように成果を判別するのか?

Amazon(アマゾン)のアフィリエイト部分でも出てきましたが、どのようにユーザーが購買したか判別しているのでしょうか?

このサイトが表示されているのはウェブブラウザというソフトですが、このブラウザというソフトにはCookieという仕組みがあります。よく、会員登録したサイトで再度入力しなくて良いように、ログインID/パスワードを保存しておく仕組みです。
この仕組みは一時的にですが、ユーザーがどこのサイトから来たかなどを保存しておくことができます。この仕組みを活かして、Aというサイトから来たユーザーであるというのを判断しています。そのユーザーが購買をしたというのはAmazonなどのサイトでは判別が可能ですので、成果になったと決めることができるわけです。

なぜ他の広告形態は副業に向かないのか?

上で説明した広告形態は3つあります。

  • 広告が表示されると報酬が発生するもの(見せるだけ) 
  • 広告がクリックされると報酬が発生するもの(クリックだけ) 
  • 広告が表示され、クリックされ、ユーザーが購買や登録、申込をすると報酬が発生するもの(成果報酬)

アフィリエイトは一番下のものです。なぜ、「見せるだけ・クリックだけ」の広告形態を副業にしている人が話題にならないのでしょうか。
結論としては、サイトがかなり人気のサイトになれば「見せるだけ・クリックだけ」の広告をお金にすることができます。

見せるだけの広告<クリックさせるだけの広告<成果報酬(購買、登録)
この順番で稼げる単価(報酬)が変わってきます。「冷蔵庫の画像を見せるだけ、冷蔵庫の画像をクリックさせるだけ、冷蔵庫を買ってくれた場合だけ」ということになりますので、広告主からすると、買ってくれた人にはその売上の一部を上げても痛くないですよね。
逆に見せるだけ、クリックさせるだけでは売れるか分からないわけです。そうすると1回あたりの報酬金額が小さくなります。

そのため、とても多くの人数から見てもらえている人気のサイトを作れたなら、「見せるだけ・クリックさせるだけ」でもかなりの報酬になります。
これからアフィリエイトを始めようと思っている人が、人気のサイトまですぐに到達できる可能性は低いと思いますので、ユーザーは少なくても報酬が多くもらえるように成果報酬(アフィリエイト)が副業に向いていることになります。

ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダー)

国内には色々なASPというアフィリエイト広告を管理している会社があります。アフィリエイトで副業をして稼ぎたいと思ったら、このASPを活用しないわけにはいきません。

Amazon(アマゾン)やiTunesのように大きなサイトなどではアフィリエイトプログラムという独自の仕組みを持っていますが、多くの広告主はASPに管理を頼んでいます。このASPを活用できるようなサイトを作ることで、アフィリエイトでの副業の大きな一歩になることは間違いないです。

オススメのASPについては別の記事でまとめていますので、そちらから詳細をご覧ください。

まとめ

アフィリエイトを始めて副業にしようかな、と思われている方向けにアフィリエイトについてまとめてみましたが、いかがだったでしょうか?

実際に手で物を売るのとは違い、インターネットでしかも目に見えない仕組みを使っていることで少し分かりづらいかと思いますが、最初はそのくらいの認識でも大丈夫ですのであまり考えすぎず次に進みましょう!