「初めて」「始める」初心者向けメディア
引用元:weheartit.com

法人と個人事業主との違い

独立して起業をしよう!と思った方ならまず選ばなければいけない選択肢があります。法人を設立するのか、個人事業主として開業するのか。社会的信用度、税金の優遇、社会保険などの面で法人と個人事業主でメリット、デメリットありますので、法人設立を決める前に法人と個人事業主との違いを理解しておきましょう!
引用元:weheartit.com

学生起業、卒業後すぐに起業したい、独立して会社を立ち上げたい、などなど法人を初めて設立するタイミングは色々あります。
個人事業主より「自分の会社を立ち上げたという」形だけを優先して決断を急いでしまってもいいのでしょうか?法人と個人事業主との違いは理解できていますか?会社を立ち上げてみたものの、個人事業主に戻りたい、個人事業の規模でよかった、という声も多く聞きます。

本当に法人を設立することでしか実現できないことなのか、個人事業主との違いを比較しながら考えてみましょう。

設立(開業)手続き

法人を設立するのと、個人事業主を開業するのでは手続き面では法人、個人でどのようなメリット、デメリットがあるのか見ていきましょう。

個人事業主の開業手続き

個人事業主の1番のメリットと言っても過言ではありませんが、何と言っても開業の手続きがとても簡単です。個人事業主として開業したければ、”個人事業主開業届”を出すだけで、個人事業主になることができます。厳密には、この”個人事業主開業届”を提出しなくても、事業所得があれば確定申告しなくてはいけませんので、個人事業主となってしまいます。

おそろしく簡単に個人事業主になれてしまいますね。開業の手続きでかかる費用は0円でできちゃいます。

法人の設立手続き

法人設立における1番のデメリットと言えますが、法人の設立手続きというのは個人事業開業と比較すると手続き、用意するものなどが多いためかなり複雑です。手続きとして必要な項目としては、「定款を作成、法務局への登記申請、税務署等への法人設立届等の手続き」が必要となってきます。

1円から株式会社は作れるという決まり文句がありますが、実際上の手続きで15~30万円は設立費用としてかかります。設立、開業の手続きでわかる通り、本当に法人でなければならない事業以外は個人事業主で行った方が費用も手続きも安く楽に完結できますね。

社会的信用度

個人事業と比較して複雑な法人設立ですが、個人事業主と比較して法人における社会的信用度面ではどのようなメリット、デメリットがあるのか見ていきましょう。

個人事業主の社会的信用度

個人事業主には、財務諸表などの公開義務や資本金といった概念がありません。そのため、社会的信用度を図る指標がありません。法人と個人事業の社会的信用度を比較すると個人事業の方が低いとされています。

そのため、社会的信用度面では個人事業主はデメリットと言えます。

法人の社会的信用度

法人には、財務諸表などの公開義務や資本金といった会社の経営状況を図る指標があります。
また、法律面(会社法など)の制約を受けることになります。そのため、個人事業と比較すると、法人の方が社会的信用度は高くなります。銀行など金融機関からの融資、取引内容(上場企業とのなど)という点や人材の採用面などでも、法人の方が優遇されるケースが大半です。

社会的信用度においては法人設立の方がメリットがあります。

税金面

個人でも法人でも事業を開始すれば税金が発生します。個人事業主と比較して法人における税金面ではどのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか。

個人事業の税金

個人の所得税は累進課税です。累進課税とは、課税対象が増えれば増えるほど、さらに高い税率を課する課税方式のことです。収入にもよりますが、法人税と比較すると税率が高くなる傾向にあります。

そのため、法人と比較すると個人事業の税金面はデメリットであると言えます。

法人の税金

法人税は色々な優遇もあり節税もしやすいです(赤字の繰越が個人事業主より長いです)。また、所得税と法人税を比較すると、法人税は累進性が低いのです。

個人事業と比較すると法人の税金面の方がメリットがあります。

社会保険制度

個人でも法人でも社会保険は必要ですよね。個人事業主と比較して法人における社会保険制度の面ではどのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか。

個人事業主の社会保険制度

個人事業の場合、国民年金と国民健康保険に加入することになります。法人と比較するとこちらのほうが実質負担が少なくすみます。

そのため、社会保険の面では個人事業主にメリットがあります。

法人の社会保険制度

法人の場合、代表取締役や役員は社会保険(厚生年金、健康保険)に加入することになります。国民年金は全国一律定額保険料ですが、社会保険は会社(法人)からの報酬に応じて保険料が変わる仕組みになっています。

そのため、社会保険の面では法人の方が負担が多くなる可能性がありデメリットとなります。

まとめ

ここまで「法人と個人事業主との違い」をまとめましたが、いかがだったでしょうか?法人の設立を考えられる場合は、税金・社会的信用という面にメリットがあること、逆に手続き・保険の面ではデメリットもあることを認識した上で決断するようにしましょう。

起業を決めた方はぜひ下の書籍を読むことをおすすめします。